年末年始に起きた家庭内パンデミック。

こんにちは、チタチタです。

みなさん年末年始どのようにお過ごしですか?

私は2018年の年末が来て思い出すのは2017年の悲惨な年末年始の事です。

 

2017年12月28日 それは突然に。。

私は1月中旬に次男ジロの出産を控え、12月の中旬から実家のある山梨に帰省していました。

お腹も妊娠37週に入りかなり大きく出っ張って、少し動くだけでもかなりしんどい毎日でした。

でも長男タロは元気いっぱい!家の中で大人しくしているはずがない!

私も少しは動かないとなと、2人で散歩に出かけました。

元気に支度をして、家から歩いて約30秒。

タロ、突然の嘔吐!!

 

こみ上げる様子などもなく、本当に突然だったので一瞬何が起こったのかと思いましたが、こりゃ大変!と抱きかかえて家に引き返しました。

 

家で着替えさせてる時にもまた吐いて、ああ、来てしまったか。。

ノロの襲来を感じました。。

 

近くのクリニックがやっていたので受診に。しかし行く途中の車でも嘔吐。。

まだ熱はないけど今後熱発したり、下痢をしてくるようなら胃腸風邪でしょうと言われて帰宅。

家の駐車場に車を停めて急いで降ろそうとした時また嘔吐。。

 

その日は看病と掃除と消毒に追われて終わりましたが、熱は出ず、次の日にはやや愚図りやすいもののもう吐くこともなく元気になってきて安心しました。

 

2017年12月30日 それはまたまた突然に。。

仕事が休みになった夫も来て、弟家族も揃って賑やかな晩御飯を楽しく過ごしていました。

みんなで食べるご飯はとても美味しくてモリモリ食べて大満足。

 

しばらくしてからなんだかふと腹部の不快感を感じました。

冷えたかな、と先にお風呂をもらって布団に入ってしばらく。

 

 

気持ち悪さが増してきて眠れません。

 

どんどん吐き気が強まってきたので急いでトイレに行き、ひきこもり。。

 

ひとしきり戻したら少しだけ落ち着きましたが、なんだかやっぱりダメです。

 

下すかもと思いトイレに座りましたが出ず、代わりに悪寒戦慄がやってきました。

ブルブル勝手に身体が震えて止まりません。

 

そしてまた嘔吐。

なんかお腹も張ってきました。

 

何が不安だったかって、この時の私、妊娠37週、臨月入ってます。

こんな状態でウッカリ産気づいてもとても産む体力気力はありません。

 

不安すぎて出産予定の大学病院に電話。

なんとかしてくれるんじゃないかって思って。

 

産科「そうですか〜、お腹は張るけど陣痛の痛みとかではなさそうなんですね、破水やおしるし的なものも出てないですね、それは産科的には問題なしです。もし辛かったら内科にかかってくださいね。」

 

マジかよ。

 

絶望。

 

 

 

でもそうだよね、もし私がノロとかだったらむしろ来られたら困るもんね。

産科にウイルス持ち込んだらヤベーもんね。

産まれてまだ完全に外の空気から遮断されてる安全圏なはずの場所を一気にデッドゾーンにする訳には絶対にいかないもんね!

 

 

納得。

 

 

突撃せずに電話した自分ナイスだよ!

 

 

と、励ましながら耐えてましたが、この気持ち悪さと悪寒戦慄、嘔吐は耐え難く、

震える手でスマホをぽちぽちして山梨の夜間救急当番医を教えてくれる所に電話して状況説明して、それから当番医に電話してまた状況説明して、それから夫にタロを頼んで母に運転してもらって弟に付き添ってもらって車で20分かけて当番医のいる夜間救急外来に行きました。

受診にこぎつけるまで長かった。。

 

途中もオエオエしながら、病院に着いたあとは処置室で点滴されながらまたオエオエ。。

おそらくウイルス性腸炎でしょうと。

そうでしょうね。。来てしまってすみません。でも許してー。

 

 

お腹も張って不安になるし、幅の狭いストレッチャー上では体勢もどう向いても不快感で定まらずにどーしよもなかったのがとても辛かったです。

 

2017年12月31日 知らぬ間に忍び寄る連鎖。。

受診時は深夜1時過ぎで、2時頃から点滴してましたが全く状態は変わらずにヘトヘトでした。3時半頃、ベッドが空いたのでそこで休んで下さいと言っていただき、ありがたくベッドで横にならせてもらいました。体力を奪われてヘトヘトだったので気を失うように少し寝たようです。

明け方5時頃起きた時はほんの少し吐き気が収まっていました。

弟と母は一旦帰宅し、私はまた点滴を受けながら昼前までベッドに沈んでいました。

昼にまた母と弟が迎えに来てくれて家に帰り、イオンウォーターをチビチビと飲みながらひたすら休むことになった大晦日。

紅白も笑ってはいけないもゆく年くる年もジャニーズのカウントダウンもない、脱力した年越しとなりました。

でもお腹の赤ちゃんは元気そうでそれが唯一救いでした。

 

弟と義妹と夫は紅白を観ながら一杯やって年越しそばも食べて楽しく過ごせたようです。

 

2018年1月1日未明 パンデミック

年越しをして皆が寝静まった、ように見えた深夜2時頃。

今度は弟が吐いている。。。

そしてさらに何故か夫も吐いている。

弟は付き添ってもらったりしていたので移したな。。と思いましたが、夫にはほぼノータッチだったのに何故。。。

しかも夫は気持ち悪いのにさっさとトイレに行かなかったので突然のこみ上げに間に合わず。。さ、最悪。

 

母が無心で掃除消毒をして、弟と夫を1つの部屋に隔離しました。

 

ああ、母よ。ごめんなさい。。

 

そして昼頃に私ももう寝てはいられないと、起きて今度は私の運転で弟と夫を昨日私が行ったばかりの当番病院へ。

 

弟と夫も点滴を受けながらダウンしました。

 

私はもう次は母じゃないかとヒヤヒヤ。。そしたらなんと、夜に義妹が嘔吐!

マジかよ。義妹はこの時妊娠5ヶ月。私泣きそう。

 

3歳甥っ子は母が寝かしつけて義妹も1人で休んでもらいました。

私はもし義妹もまた2回3回と吐き出したら速攻で病院に連れていかないと、とタロを寝かしつけながらスタンバイ。

 

甥っ子はパパに続いてママまでダウンしたのがショックで不安で仕方なかったのに、涙を浮かべつつも頑張って耐えていて、私が申し訳なくて泣きそうになりました。

 

2018年1月2日 退避〜!

義妹はその後は吐いたりせずに気分不良も治って朝は元気に起きて来ました。

弟も熱も下がって治って来た様子。

しかし、また次に誰がいつなるか油断できないので、体調が軽快してるうちに帰る!と名古屋へ帰って行きました。

 

退避ですね。わかります。

 

夫はまだ微熱が続いているので引き続き1人で寝てもらいました。

 

そんな時に父がひそかに下していたことが判明。

なんで早く言わんのじゃあ〜と怒りつつも、一度のみでもう治ったそうなのでひとまず安心です。

 

2018年1月3日 終息宣言。

夫の熱もようやく下がりました。

お腹もまだ少し痛いといいつつもうどんを山盛りペロリと平らげていたのでお腹減りすぎで痛かったんじゃないの!と突っ込みつつひとまず安心。

 

そして夫も藤沢へ戻っていきました。

 

母は全ての処理をしたので確実に感染すると思って覚悟していましたがなんと母だけが症状も出ずに感染しませんでした。(甥っ子もか。)

強い!最強かよ!

 

終わりに。

こうして去年の年末は終わり、今年は始まったのでした。。

 

一番最初28日に嘔吐したタロは、1日に白っぽくて乳酸菌ぽい匂いのする下痢をしました。それまでもヤクルトっぽい匂いのする便だったと後から母に聞きました(私がダウンしていた間),

 

ロタウイルスだったのか?

元気でしたしそのうち治ったので救急受診しませんでしたので本当は何だったのかはわかりません。

でも感染こえええええ‼︎って本当に震えました。

 

 

 

そしてこの騒動が終息してわずか2日後、私は妊婦健診で高血圧を指摘され、血液検査で肝機能異常が発覚し、HELLP症候群疑いにて緊急入院となったのでした。

それはまたいずれ書かせてもらいたいと思います。

 

壮絶な年末年始だったので、今年は穏やかに過ごしたい!と願っているのですが、夫が昨日から腹痛で寝込んでいます。。。

 

ヤメテ。。。

 

 

最後までお読みくださり本当にありがとうございます!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください